ブラックリストはどういったものなのでしょうか。実のところ、「ブラックリスト」というもの自体はキャッシングのネットワークにありません。
キャッシングが行われる時に作成される顧客の情報からそのようなものが作られます。

キャッシングの審査に落ち続けるときは事故情報を残されていてブラックとみなされている可能性があります。

信用情報機関に問合せをすれば登録を確認できます。
信用情報機関によって異なりますがネットで完結するケースがほとんどなので審査に落ちるようになったら尋ねてみましょう。各事故情報は「信用情報機関」に残されています。
http://www.edataskforce.com/
ですので、会員であれば信用情報を誰でも見ることが可能です。

したがって、事故を起こしたことがあるなら会員になれば事実が知れます。事故情報が登録されていると与信取引が事実上できません。
キャッシングは与信取引の一つと考えられるため借り入れることは出来にくくなります。かつて、完済したあと過払い金返還の手続き行い、キャッシング審査に通らなくなった場合は、消費者金融に事故情報の取り消しを要請することで登録情報を消去できます。手順などについてはその道の専門家などに相談して自分ではやらないように十分注意をしましょう。

まずはチェックをしましょう。